スタッフブログ

2015年2月26日 木曜日

いつでもどこでもエクササイズ!

こんにちは(*´∀`)ノ
中野みのるグループの林です!

まだまだ寒い日が続きますね〜(><)
寒い日は中々外に出たくありませんよね…
私も家から…というより、布団から出るまでも時間がかかります(^^;;笑

こんな寒い時って運動はしたいけど、外には出たくないなぁ〜。
というあなた!
お家でも出先でもどこでも出来る”ドローイン”がオススメです!

一度は聞いたことあるという方は多いのではないでしょうか?


”ドローイン”とは何かというと、息を吸ってお腹をへこませ、それを維持するだけの気軽で簡単にどこでも出来る、ながらエクササイズです!

これは体幹が鍛えられるので、全身のスタイルアップにも繋がり、また代謝アップにも!
さらに、体幹がしっかりとすれば骨盤の位置が安定するので、姿勢改善や腰痛改善、下半身太りやむくみ、冷えの解消にも有効なんですよ♪

これなら寒いこの時期でも続けられそうではありませんか?

・朝ベットの中で
・歯磨きしながら
・歩きながら
・電車の中で
・仕事中に
・食事前に
・テレビを見ながら
・お風呂で
・寝る前に

寒くて外に中々出られない方!
是非一度お試しください(^^)

本日も最後までお読みいただきありがとうございました(◎´∪`))
次回のブログもお楽しみに★

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2015年2月20日 金曜日

どまん前・1周年!!

こんにちは!中野みのるグループの小林です(^^)d
2月の6日~10日は本郷どまん前・整体院の1周年感謝イベントを行いましたp(^^)q
中野みのる接骨院から派生して、グループとしての第一歩を踏んでからはや一年!!
本当にあっという間だなー、って思います!

オープニングスタッフとして携わらせていただいた私としては本当に感慨深いものがありました!

当日はお越しいただいた皆さまに、とにかく感謝を伝える!!!
その一心で治療にあたらせてもらいましたm(__)m

想定していた以上の皆様にお越しいただき本当に嬉しい気持ちでいっぱいでした(TT)
かなりお待ちいただく時間が長くなってしまった方もおられ、申し訳なかったです!

そして、私達のグループはスタッフの頑張りはもちろんですが、支え続けていただいている患者様あってのものなんだなと改めて再認識致しました!

これから先も、名古屋の皆様の「ありがとう」の為に全スタッフ力をあわせて頑張って参ります(^^)d

お褒めの言葉からご指導の言葉まで、全て私達の進化の糧としていきたいと思いますので、是非色んな声をかけていただけると幸いです!

これからも中野みのるグループの進化に是非ご期待下さい!

・・・現在、全スタッフ全力で新技修得に励んでおります!
近々皆様にも発表出来ればと思っております!

本日も最後までお読みいただきありがとうございましたp(^^)q

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2015年1月27日 火曜日

今すぐ確認!!

どまん前グループの河口です。

今週も寒くなりそうなので、防寒対策を万全にして下さいね。

この季節になると、いつも思い出すことが・・・

私の祖母は寒がりのため、靴下を 3枚重ねで履いていました。
ある時廊下で滑ってしまい、そのまま転倒。
なんと!!大腿骨を折ってしまいました・・・。

『踏ん張りがきかなかった』とか『靴下を履きすぎて足裏の感覚が鈍かった』 などと
 本人は言っていました。

その通り!だと思います。
先人の経験を生かすためにも、
 今回は『足裏』についてお話ししたいと思います。


皆さんは足の裏に『土踏まず』があるのはご存知ですよね?
これを別の言い方をすると『アーチ』と言います。
大まかに分けると、アーチは 3つあるのをご存知でしたか??


1.親指の付け根から踵を結ぶ『内側縦アーチ』【=土踏まず】
2.小指の付け根から踵を結ぶ『外側縦アーチ』
3.親指の付け根と小指の付け根を結ぶ『横アーチ』
                        です。

しかし、アーチってそんなに必要なんでしょうか?
あっても無くても大きな影響はなさそうですよね!?

と思った、あなた! 大間違いなんです!!


歩くときは、足の裏には足が地面に着地する際に地面から衝き上げられる衝撃を
 緩和・吸収する作用と、地面を蹴って効率よく前に進む作用の 2つを求められます。

この働きをスムーズにおこなうためには、足の裏にある『足底筋膜』が
 重要な働きをし、この足底筋膜が作用することによりアーチが維持・確保されています。

この足底筋膜に大きな負荷が加わる状態、例えば・・・ ・
 ・一日中の立ち仕事
 ・急激な体重増加
 ・不自然な足の使い方
 ・ハイヒールを履く
            などです。

これらのように、足の裏の足底筋膜に過剰な負荷を加えることにより、
 体重分散が悪くなったり、理想の歩行が妨げられたりします。

その結果、アーチが確保できなくなって
 膝や腰に痛みを生じさせることになってしまいます。


たかが足裏ですが、されど足裏です。
今すぐ自分・家族の『足裏』を確認して見ませんか?

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。㊥

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2015年1月24日 土曜日

しっかり予防と対策を⁈

こんにちは(^^)♪
中野みのるグループの柳川です!

最近、インフルエンザや風邪が大流行しているそうですね(>_<) 当院にご来院していただいている方のお子さんの学校でも学級閉鎖になった学校があるとききます。。。インフルエンザや風邪にならないためにも、外から帰ったら手洗い・うがいをしっかりして予防に心がけましょう!!

さて、話はガラリと変わりますが・・・愛知県では、今年も交通事故死亡者数が高水準にあります(>_<) 悲惨な交通事故を引き起こさないためにも、下記のような安全運転5原則を守っていることが重要です。
どれも運転免許の講習で習ったことですが、もう一度おさらいしておきましょう!

① 安全速度を必ず守る。
スピードが速くなればなるほど制動距離が延び、停止距離は長くなります。
一般に時速40Kmで急ブレーキをかけたときの停止距離は22メートル、
時速60Kmでは停止距離が44メートルになるといわれています。

② カーブの手前でスピードを落とす。
《カーブ事故を避けるためのポイント》
・カーブの手前で十分スピードを落とす。
・カーブ内ではできる限りブレーキをかけない
・カーブでは、常に対向車を意識し、追い越しはしない
・カーブ内では、原則として一定のスピードで走る

③ 一時停止で横断歩行者の安全を守る。
《横断歩行者事故を避けるためのポイント》
・横断歩道で歩行者などの安全を守る。
・交差点で横断歩行者などの安全を守る。
・横断歩道のない場所で横断歩行者の安全を守る。

④ 交差点では必ず安全を確かめる
《交差点事故を避けるための留意事項》
・交通整理の行われていない交差点
・交差点で右折するとき
・交差点で左折するとき
・追突事故

⑤ 飲酒運転は絶対にしない。
《飲酒運転の危険性》
飲酒をすれば・・・
・中枢神経が麻痺する
・集中力が鈍る
・理性・自制心が低下する
・身体の平衡感覚が狂う
・視力が落ち、視野が狭くなるため、
・運動機能が低下し、ブレーキ・アクセル・クラッチ操作が遅れる
・反応が鈍くなり、行動も遅くなるという、重大事故を起こす原因にもなります。

悲惨な交通事故に遭わない・起こさないためにも、日頃から安全運転5原則を守るように心がけていきましょう!!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
次回のブログもお楽しみに☆

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2015年1月19日 月曜日

いつ何時も・・・

どまん前グループの河口です。

1月も半分を過ぎましたね!
成人式も終わりましたし。
成人を向かえ皆様、おめでとうございます!!


成人と言えば・・・
 お酒が飲める!
  タバコが吸える!!
   その他 参政権などがありますが・・・

『運転』もあるのでは?!(18歳で可能ですが・・・)

今日はそんな運転について1つ取り上げたいと思います。


先日、こんなニュースがあったのをご存知でしょうか。
『県内有数の交通事故多発地点となっていた名古屋市中区千代田の
 空港線(通称)鶴舞公園前の五差路交差点の信号表示方法が変わった。

複雑だった表示を単純化したことで、県警は事故防止につながると期待する。
 複雑な上、幹線道路同士が交差するため交通量が多い。

人身事故は2012年に17件、13年に16件、14年は14件発生。
 いずれも県内の交差点でワースト5前後となっている。

これまで北進車線の信号機は、赤のままで、二方向の右折「→」「北進右折」と、
 直進「↑」、左折「←」の計四方向の矢印を表示。
途中で右折の二つの矢印だけが消え、対向の南進が始まっていた。
このため、北進右折の車は矢印の消灯を見落としやすかった。

今回の変更で、北進の信号機の矢印は、直進「↑」と左折「←」だけに減らした。
南進が止まった後、青信号で北進右折できるよう順番も変更した。
署の担当者は「変更後の交通の流れはスムーズ。 信号の誤認は少なくなるのでは」
 と話している。』
                     参照)中日新聞

不慣れな道だと、複雑な表示は理解できないことがありますね・・・。

これ以外に高速道路の逆走事件なども報道されていますよね。
 この地域ですと、バスレーンなどは一般道でも同じ事が起きています。

道路交通法を守ることは当然ですが、万が一のことがあることを
 想定しながら運転する必要性は常にありそうですね!!


自分が事故に巻き込まれないよう、
 『タラ・レバ』を想定しながら運転してみましょう!!

“備えあれば憂いなし!”ですが、不慮の出来事あった場合には、
 警察・救急車と一緒にどまん前に御連絡いただければと思います。


本日も最後までお読み頂きありがとうございました。㊥

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL