スタッフブログ

2014年10月31日 金曜日

ちょっと意識してみませんか⁇

こんにちは。
中野みのるグループ の井上です。


陽も短くなりめっきり寒さが増して秋本番になってきましたね。

日が暮れるのが早くなり、
夜の時間を満喫することができる秋。

身体を秋仕様に対応させ、快適に健康に清清しく、変化する気候を少し意識してみましょう。


秋は、呼吸器系、肺の機能が鈍くなります。
夏は毛穴が開いた状態にありますが、寒くなるにつれて毛穴は閉じていきます。

しかし、この毛穴の開閉が季節に応じて行われていないと、寒気が体内を巡り、咳や喘息など症状を悪化させやすくさせます。

対処法は、まず首の後ろ(頚椎4番から胸椎3番)を温めます。

外出の時は、少し意識してストールやマフラーを首に巻いたりします。
秋の夜長をゆっくり過ごす際には、温めたタオルなどを首の後ろから背中上部へ当てます。

風邪のひき始めに、背中がゾクゾクっとしたりする、あの場所を温めます。

そして、身体の中からもアプロー チ。
青い花のお茶を飲みます。
南米ペルーでは「マルバティー」と呼ばれていますが、日本名は「ウスベニアオイ茶」です。
ハーブティーSHOPなどでは「マロウブルー」と明記されている事が多いです。

その名の通り、真っ青のお茶。
始めは、絵の具のとき水かと思うくらいの鮮やかな青色に戸惑いますが、自然色です。

呼吸器系、喘息、喉の痛みを改善します。


秋の朝、なんだか喉に違和感を感じたり、呼吸が浅くなったと感じたら、「マロウブルー」茶を飲んで、首の後ろを温めながら、ゆっくりと呼吸に意識を向けて瞑想する。
これだけで、ビックリするほど身体が楽になっていくのを感じますよ。


本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

明日のブログもお楽しみに〜‼

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2014年10月29日 水曜日

もうすぐ連休ですね!

こんにちは!
中野みのるグループの小松です\(^^)/


もうすぐ連休ですね~♪
皆さん、どこかお出かけされますかー?

私は久しぶりに少し遠出します\(^^)/

たぶん運転はしませんが、
運転手の方が疲れてたら休憩を提案したり、、
しっかりサポートしたいと思います(^^)!

事故に合うといろいろと大変ですからね(^^;

あ、ちなみに、
愛知県は交通事故が多いと言われますが、理由はご存知ですか(>_<)?

よく、名古屋ばしりのせいだと言われますが、どうやら違うみたいです!

車両台数が多いのが理由みたいです。

安全運転でおでかけしましょうね~♪


本日も最後までお読みいただきありがとうございました\(^^)/

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2014年10月25日 土曜日

寒くなると・・・

どまん前グループの河口です。

最近急激に寒くなってまいりました。
体調が崩れやすい時期となりますので、 ご注意ください。

しかし、こうも急激に寒くなりますと
身体が小さく縮こまったり、動きが減ったり…

そうなると身体全体の代謝や血流が悪くなります。
その際に重要な役割を果たす筋肉が、前回取り上げた
“ふくらはぎ”と“腸腰筋”などです。

今回は、“腸腰筋”について話したいと思います。

お腹の奥になる腸腰筋は、正しい姿勢をキープするのに必要な筋肉で、
骨盤が真っ直ぐになるように背骨や骨盤を支えています。

この筋肉が衰えるたり上手く使えなくなると、身体の中の内臓が下がり、
下腹部が盛り上がったり猫背になりやすくなります。

そのために腸腰筋を鍛えることも重要ですが、“綺麗な姿勢”を続けることでも
腸腰筋に刺激を加えることができるのです!

よく言われる“天井から吊られた姿勢”が、腸腰筋に刺激が
加わる姿勢となります。

そうすることにより骨格や内臓の位置が正常となり、
血流が上がることによって老廃物がスムーズに流れるようになります。


これ以外にも、
 ①猫背解消
 ②血流改善
 ③肩や腰への負担軽減
 ④ウエストの引き締まり
 ⑤下半身の代謝アップ
 ⑥お通じ改善
        などの副産物が…。 ※ MY LOHAS参照


これからは寒くなりますが、寒くなっても
 身体の不調が発生しにくい状態を作ってみませんか。


私たちの施術“骨盤矯正”“美骨”“力学”には
 腸腰筋の施術が入っております。

これで腸腰筋の働きを向上させるとともに、同時に自宅でセルフケアを
 していただけると最高ではないでしょうか?


これから寒くなりますので、特に重要な知識かもしれませんね!!


本日も最後までお読み頂きありがとうございました。㊥

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2014年10月25日 土曜日

秋といえば秋刀魚!!

こんにちは!
中野みのるグループの大前です!

肌寒くなり、日も短くなり、秋真っ盛りですね!

秋刀魚と言えば秋を代表する魚です。

江戸時代には「秋刀魚が出ると按摩がひっこむ」といわれたほど、栄養価が高い魚なんです。

血液の流れがよくなって動脈硬化や生活習慣病を予防したり、風邪や貧血の予防など免疫力も高めてくれる効果があるといわれています。

秋刀魚は美味しいだけでなく、健康にも良い栄養素もたくさん含んでいるんですね。

秋刀魚を食べる際は、大根おろしを添えるのがオススメです。

大根おろしは、焼き魚の焦げた部分の発がん物質を抑えてくれたり、消化を促進すると同時にビタミンや鉄分の吸収をよくしてくれるんですよ。

シーズンのうちに一度は食べたいですね*\(^o^)/*

本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2014年10月21日 火曜日

何事もこつこつと…

こんにちは!!
中野みのるグループの柳川です(^^)/

最近、めっきり寒くなってきましたが、体調などを崩されていらっしゃらないですか?こう寒くなってきますと・・・ついついなりがちな姿勢として、肩をまるめて猫背のようになって歩いている人をみかけます(^^;)

しかし姿勢が悪い状態が続いていると、ボーリングの玉(約5kg)くらいあると言われる頭の重さを支えるためにどこかに無理をすることになってしまいます。この無理=負荷が首や肩にかかると、コリとなって現れてしまうのです。
この重い頭を支えているのは首や肩です。このとき正しい姿勢で頭を支えることができれば、負担はほとんどありません。
また背中がまるまった姿勢を続けると、深い呼吸ができなくなります。さらに腹部も圧迫されるために、胃腸の調子も悪くなることもあります。

では、人間はなぜ猫背になってしまうのかというと、「日常生活の動作が偏っているため」と言われております。
たとえば、右ききの人は多くの作業を右手で行い、左利きならその逆です。ここですでに左右対称ではなくなり、そのゆがみによって体のどこかに負荷がかかり、コリとなってしまいます。
さらに人間はそのほとんどの作業を前で行い、後ろで何かを行うことはありません。このとき使われるのは大胸筋や小胸筋といった胸の筋肉です。多くの人は日常生活の動作によって、この胸の筋肉がすでにこり固まっていることがあります。この胸の筋肉と対になっているのが、肩から背中にある僧帽筋。胸の筋肉がこり固まってカチカチに縮んでいると、僧帽筋が引っ張られてしまい、猫背や肩こりや原因になってしまいます。

そのため、日頃から正しい姿勢を意識して生活をしていくことで猫背や肩こりの予防にもなっていきます。もし気になる方がいらっしゃいましたら、当院で姿勢のチェックを一度してみませんか(^^)/

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!!

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL