スタッフブログ

2014年8月30日 土曜日

油断?大敵。

こんにちは(^^)/
どまん前・グループの柳川です!

8月も残すところ、今日を入れても後2日となりましたね!!最近ははっきりしない天気が続いておりますが、皆さん体調などは崩されていらっしゃらないですか?
今日は8月30日で、交通事故「0」の日になります!!当院でも「交通事故予防デー」として、皆さんに注意を呼びかけております。

ここ数年、人身事故の中で全体の約3分の1を占めているものは、車両同士による「追突事故」になります。この「追突事故」を引き起こす大きな要因の一つに、「車両距離の不保持」があげられます。
そこで今回は、車間距離について考えていきましょう!!

《道路交通法に定められている「車間距離の保持」》
道路交通法第26条の「車間距離の保持」において、「直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない」ことが定められています。
前車が急停止しても追突しない車間距離については、車の速度、路面やタイヤの状態、ドライバーの疲労度などによって変わってきますから、一律に何メートルと決めることはできませんが、その目安となるのが車の停止距離です。
停止距離とは、ドライバーが危険を感じてブレーキを踏み、ブレーキが実際に効き始めるまでに走行する距離(空走距離)と、ブレーキが効き始めてから車が停止するまでの距離(制動距離)を合わせた距離をいいます。

《安全な車間距離の目安》
安全な車間距離とは、上記の「空想距離」と「制動距離」を合わせた「停止距離」以上の距離が必要とされています。
例えば、時速40キロであれば22メートル以上、時速60キロであれば44メートル以上ということになります。
一般道路の場合、時速30~60キロについては、速度から15を引いた数字(時速60キロであれば、60-15=45)がおおむね停止距離と一致しますから、これを安全な車間距離の目安にすると覚えやすいでしょう。高速道路では、スピードメーターの数字を距離に距離を置き換えて(時速80キロであれば80メートル)、それ以上の車間距離をとることが基本とされていますが、時速90キロ以上の場合には、スピードメーターの数字では停止距離に達しませんので、その数字よりもさらに長い車間距離をとるようにしましょう。

悲惨な交通事故を予防するためには、前車との車間距離を保持するだけでなく、歩行者や自転車の側方を通過するときや駐車車両の側方を通過するときなどに十分な側方距離を保持することも大切です。また、お車を運転する方だけではなく、自転車や歩行者の方も後方からくる車に注意してください。
特に学生さんは今日を入れても、夏休みはあと2日です。悲惨な交通事故に遭わないように、残り少しの夏休みを満喫してください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2014年8月28日 木曜日

夏冷えしてませんか⁇

こんにちは。
どまん前・グループ の井上です。


晴れていたと思ったら突然空が暗くなりどしゃ降りになったりと、不安定な天気が続いていますね。
暑くなったり涼しくなったり体温調節も大変ですね。そんな不安定な天気だからこそですが、皆さん冷え対策は万全ですか⁇

夏になると、ついつい油断してしまうのが「冷え対策」。手足など身体の外側が温かいため冷えの自覚がほとんどないのが「夏冷え」の特徴。体表が温かいため、冷えを感じにくいのですが、身体の中が冷えきっている可能性が!夏はお腹を壊しやすい、胃が痛いなど、内臓系のトラブルが思い当たる方、「夏冷え」かも知れませんよ。





■暑いのに、どうして冷えるの?
夏は、冷たい物を飲んだり食べたりすることが増える季節。そのため、内臓の温度が下がってしまいます。身体の深部が冷えると、脳は身体を冷やさないようにと血液循環を良くするのですが、手足や顏などの末梢血管は血液が詰まりやすく、沢山の血液が流れこむと滞ってしまい“ほてり”を感じます。そのため、まったく冷えの自覚がないどころか、暑いように感じて、更に冷たい物を飲んだり食べたり…そして、また内臓が冷える、という悪循環に陥ってしまい、気が付かないうちに「夏冷え」になってしまうのです。



■お腹のトラブルは「夏冷え」のサイン?!
内臓の体温、特に腸の体温が下がると善玉菌の活動が妨げられ、悪玉菌が優位になって腸内環境が悪化します。そのため、下痢や便秘といった腸のトラブルや、胃もたれ、胃痛など、お腹のトラブルを引き起こしやすくなります。

また、冷房の効いた室内で長く過ごすことによって、暑くても汗がかけないくなっている方も要注意。身体にたまった老廃物の約3%は汗から排出されています。内臓が冷えていると、身体は「冷えている」と感じているため、汗をかくことができず、老廃物が身体に溜まってしまい、ニキビや肌荒れの原因にも。たった3%とはいえ、毎日のことですから、身体への影響は避けられません。



■「夏冷え」には生の生姜はNG 『乾燥』生姜がおススメ!
生の生姜に含まれる辛味成分「ジンゲロール」には、末梢の血管を広げる作用があるため、手足に滞った血液を流す作用はあるのですが、逆に手足から熱が逃げてしまい身体の深部は温まりません。

そこでおススメなのが『乾燥生姜』。生姜を乾燥させることで「ジンゲロール」が「ショウガオール」という成分に変化します。この「ショウガオール」は、内臓の血流を高め身体深部を温める働きがあり、内臓が冷える「夏冷え」対策に最適。

『乾燥生姜』は、ご自分で生姜を乾燥させて作っても良いのですが、ジンジャーパウダーを使えば便利。紅茶やハーブティに入れたり、お料理の隠し味にも使えます。もしかして「夏冷え」かも?と思われる方は、『乾燥生姜』を試してみてはいかがでしょうか。


姿勢やカラダの使い方だけでなく、カラダの内側にも目を向けてみるとより一層健康に近づけますね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

明日のブログもお楽しみに〜‼

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2014年8月27日 水曜日

残暑お見舞い申し上げます!

こんにちは!どまん前・グループの小林です(^^)d

不安定な天候の毎日ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

天候の落ち着きのなさに体調を崩される方も多いようです!

気圧が高いと、血管は細くなり、内臓は縮みます。血液循環が悪く冷えやすくもなります。
気圧が低いと血管は拡がり、内臓は膨らみます。血管、内臓、筋肉が膨らめば、神経を圧迫して痛みが出やすくなります。
秋冬は、気圧は高く、変化も大きく気温、湿度は低めです。血管が細くなり血圧が上がる反面、手足先に血液が行き渡らず冷えを誘発します。動脈硬化がある方は注意が必要な季節です!
春夏は、気圧は継続して低く、気温、湿度は高くなります。血管が拡がり血液は流れやすい分、むくみ易い時期です。
気圧が年々上がって行き、しかも、変化が激しく、加えて、気温や湿度の変化も大きくなっています。
気圧の変化を見ていると、患者様の症状を予測することができるほどです。
地球温暖化もあり、これから益々、気圧などの変化が大きくなります。
自分で自分の健康を守るには、気圧計、温度計、湿度計は必需品かもしれません。
環境の変化が大きくなれば、血液循環が悪くなり、内臓の働きも落ち、自律神経失調症になることもあります。めまい、頭痛、吐き気などの不定愁訴といわれる症状も出はじめます。簡単に言えば、病気でもないのになんだか気分が悪くなることが多くなったりします。
気圧や空気の変化に敏感になり、体調の変化にも敏感になって、調子の良い時からしっかりご自分の体のケアをしていくことをおすすめします!!

骨盤矯正、美骨矯正はそういった治療に精通した治療法でもあります!
思い当たることがありましたら何でもご相談ください(^^)d

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!明日のブログもお楽しみに!

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2014年8月26日 火曜日

事前準備!!

どまん前グループの河口です。

最近の天候は予測不能ですね?
小雨だったり、豪雨になったり…

そのため、私のカバンの中には常に
 折りたたみの傘が入っています!

“水も滴るいい女・いい男”の方々は、
  関係無いかもしれませんね!(笑)


私は傘が手放せませんが…。


ということで、恒例の問題です!

自動車教習所で習ったと思われる“ポンピング・ブレーキ”!
 このブレーキは、どのような方法だったでしょうか?



答えは…

 ブレーキを複数回に分けて徐々に減速する方法です。

教習所で言うところのポンピング・ブレーキの目的は
 「ブレーキ予告」です。


後ろ車との車間が狭いときに2、3回ブレーキランプが
 点灯するくらい軽く踏んで (減速しない程度でもよいです!)
「これからブレーキをかけますよ」と 後続車に伝えます。

見通しのいい道路ではポンピング・ブレーキを使わなくても、
 後の車も道路の状況を 把握しているので使う必要はないかもしれませんね。

しかし後続車との車間距離が短いとき、見通しの悪い状況(大雨の時など)では
 このポンピングブレーキが大活躍です。


つい急ブレーキをかけてしまいそうになる状況を避けるためにも、
 曲がるために減速する時や信号の無い横断歩道で止まる時など、
 後続車との車間距離が詰まっている場合に は、普段から
 ポンピング・ブレーキを意識的に活用して見ませんか?


後続車への自己アピールですよね!
これで事故を未然に防げるなら、身に着けたいテクニックですよ!

というよりも、教習所でならったということは、
 忘れかけたテクニックなのかも……しれませんね…。


皆様のセーフティードライブに役立てばと思います!
“備えあれば憂いなし!”ですが、不慮の出来事あった場合には、
 警察・救急車と一緒にどまん前に御連絡いただければと思います。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。㊥

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2014年8月23日 土曜日

夏と言えば!!!

こんにちは!
どまん前・グループの小松です\(^^)/

お盆休みがあけて、疲れがでてくる頃ではないでしょうか(^^;?

久々のお仕事で疲れている、、
むくんでいる、、
という方!!

スイカを食べてスッキリさせましょ~!

スイカにはシトルリンという成分が含まれています!
その成分が疲労回復や、美肌、むくみに役立つんですよ~\(^^)/

ウリ科のものにシトルリンが含まれていますが、スイカに最も多く含まれています♪

シトルリンは血流をよくしてくれるので、老廃物も流れやすく、むくみの予防、防止に期待できます☆

海外ではトレーニング後の疲労防止、筋肉痛防止目的で、シトルリンを含んだサプリメントをアスリートが使ったりもしているそうですよ(^^)!

ちなみに皮の部分の方が多くシトルリンが含まれているので、
ミキサーでジュースにして飲むのがおすすめです\(^^)/

あと、シナモンと一緒にとれるとよりむくみの改善に効果的みたいです(*´ω`*)

どんな味になるんですかね?(笑)
試した方、、
感想お待ちしております!(笑)


本日も最後までお読みいただきありがとうございました\(^^)/

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL