スタッフブログ

2014年6月30日 月曜日

こまめな休憩を(^_^;)

こんにちは!
どまん前・グループの柳川です(^^)

梅雨入りしているはずなのにまったく雨が降らないですね・・・(^_^;)。しかも、まだ6月だというのに、気温も30度を超えて蒸し暑い日が多くて嫌になってしまいますね(>_<)
こうも暑い日が続いてしまいますと、体が疲れやすく集中力を欠いてしまうことはないでしょうか?

疲労などが原因で起こりやすい交通事故の中に漫然運転というものがあります。
漫然運転とは、「運転以外のことを考えていた」、「ぼんやりしていた」などにより、前方への注意が欠けて危険を見落としたり、発見が遅れて事故を発生させた場合をいいます。

《考え事をしながらの運転》
皆さんは、歩行中に考え事をしていて、正面から近づいてくる知人に全く気づかず、声をかけられて初めて気づく、こうした体験を持つ方も多いと思います。
「心ここにあらざれば、視れども見えず」という言葉があるように、考え事に気をとられていると、目は前を向いていても実は何も見えていないという状態になりがちです。
運転中も同じです。考え事をしながら運転していると前方の状況が目に入らず、赤信号を見落としたり横断歩行者の発見が遅れるなどの危険な事態に陥りやすくなってしまいます。

《ぼんやりしながらの運転》
絶えず周囲の状況に目を配り、他車や歩行者の動きを予測し、瞬時の的確な判断や操作が要求される運転時において、ぼんやりとした状態で走行することはきわめて危険です。
ぼんやりを招く要因の一つとして、疲労や睡眠不足があげられます。疲労や睡眠不足は緊張感を欠如させ、集中力や注意力を低下させます。その結果、前車の停止に気づかなかったり、カーブなどでセンターラインをはみ出してしまうなどの危険な事態に陥りやすくなります。

これらの危険な運転をしないようにするために、疲労を感じたらお車を安全な場所に止めて休憩をとったり、また日頃から質の良い睡眠と栄養を摂って体調をベストに保つとともに、常に緊張感を持ってハンドルを握ることが大切です。

歩行者の方も、お車を運転される方も、心に余裕をもった行動と準備を心がけていき、悲惨な交通事故の被害にあう方がいなくなるようにしていきましょう!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
次回のブログもお楽しみに(^-^)

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2014年6月26日 木曜日

あなたの水不足は大丈夫⁈

こんにちは。
どまん前・グループ の井上です。


まだまだ梅雨明けしてないはずなのにこの暑さはいったい‼ 夏本番が思いやられますね…


さて、夏になると増える悩みが「むくみ」ですよね。男性より、女性のほうがずっと“むくみやすい”と思いませんか? 実は、女性のカラダはむくみやすくできています。その理由は、体内の水不足! 水を飲んでもむくむから…と水を控えるのはNGなんです。



■女性は「いつも水不足」!?

人のカラダの60%は水でできている、と言われていますね。実際には女性は男性より平均して5%水が少ないそうです。カラダの中の水は、細胞の中に取り込まれていますが、組織によって水分量が違います。一番多く水を取り込めるのが筋肉、一番少ないのが脂肪。女性は、男性より筋肉が少なく脂肪が多いため、どうしてもカラダの中に蓄えることのできる水の量が少なくなってしまい、これが「むくみ」の一因となっているとのこと。

「むくみ=水分過多」ではないとは、意外ですね!



■水不足がむくみの原因に!?

血管から染み出た水分は、細胞に栄養を届けると同時に老廃物を回収して、静脈やリンパ管に戻り、汗や尿として排出されます。老廃物は、汗や尿という水分と共に排出されるわけですが、カラダの水分が足りていないと老廃物を含んだ水をもカラダの中に溜めこんでしまい、むくみを引き起こしてしまうのです!



■むくんでいる時こそ「水」を飲んで下さいね‼

カラダに溜まってしまった老廃物を排出するためには、汗や尿を作る「水」が必要。ですから、むくんでいる時こそ水を飲んでカラダに水を補給してあげることが大切なのです。また、“塩分過多”でむくんでしまっている時も同じ。塩分の摂り過ぎでナトリウム濃度が濃くなると、体内のナトリウム濃度を下げようとカラダは水を溜めこんでしまいます。「水」を補給して、体内からナトリウムを排出しましょう。



■むくみ解消におススメの水の選び方・飲み方

むくみの解消には、カルシウムや『サルフェート』が豊富な「中硬水」がオススメとのこと。カルシウムには血管を柔らかくして血流を改善する効果があり、サルフェートは老廃物を排出する効果があります。ただし、飲み過ぎはNG。1日に飲む水の量は1.5L~3Lまで。むくみの解消には喉が渇いてから飲むのではなく、コップ1杯の水をこまめに飲むのがおススメです。



むくんだ状態が続くと、排出されるべき老廃物が細胞を傷つけてしまい、細胞が本来の働きができなくなり代謝の悪いカラダに……巡りの良い余分なものを溜めこまないカラダ作りのためにも、「水」の取り入れ方にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

今年の夏は自然の水不足だけでなく、自分の水不足の対策もバッチリ考えてみましょう‼


本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

明日のブログもお楽しみに〜‼

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2014年6月23日 月曜日

そこをプラスには・・・

どまん前グループの河口です。

4年に一度の祭典、ワールドカップが中盤です!
あと1試合、日本に頑張ってもらいたいですね。

日本の反対側で試合が行われているので、
 サッカー好きな方は寝不足に注意ですね!

ということで、恒例の問題です!

交通違反の検問などは、交通量の多い道路で行われることが多い。
 〇か×か?



答えは、×です。

「見通しが良くガラガラな直線道路でスピードを出して走っている時に
  限ってネズミ捕りに・・・」なんて話を良く聞きませんか?

こんな道路では危険性も少なく、スピード超過が即事故につながることは
 少ないと思われますが、一応、速度超過は違反なので切符を切られても
 仕方ないですよね。

しかし、普段から「速度を出し過ぎない様にという理性」が働かない人は、
 他の車と一緒に走る時も自己中心的になりやすいので事故を起こしやすい
 傾向にあるそうです。


交通違反を犯しやすい人を見つけるには、交通量が多い道路よりも、
 交通量が少ない道路の方が簡単です。
理由は、交通量が多いと周りの流れに 合わせて仕方なく違反をしているのか、
 自ら違反のキッカケを作り出している のか分かりにくいですからね。

そんなこともあって、あえて交通量の少ない道路でも
 取り締まりをしているみたいです。


免許の保有者数は約7,000万人おられ、それに対して年間の検挙者数は
 約700万件なので、単純計算で10年に1回の割合で検挙される という
 計算になりますね。

しかし、実際は違反を何度も繰り返して免許停止になる方が年間約100万人も
 いらっしゃるそうです。

また事故の統計でも事故を起こす方は何度も事故を起こしている一方で、
 安全運転な方は1度も事故に遭ったことがないというデータもあるようです。


結局のところ、普段から交通ルールをスレスレの運転を繰り返している方は、
 取り締まりに遭う確率が高くなるので「捕まるべくして捕まった」という
 ことになりやすいのかも…

サッカー同様、イエローやレッドカードが出るような行動(運転)は
 極力避けましょう!!


皆様のセーフティードライブに役立てばと思います!
“備えあれば憂いなし!”ですが、不慮の出来事あった場合には、
 警察・救急車と一緒にどまん前に御連絡いただければと思います。


本日も最後までお読み頂きありがとうございました。㊥

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2014年6月20日 金曜日

質のいい睡眠( ̄q ̄)zzz


こんにちは!
どまん前・グループ、本郷どまん前・接骨院の小松です\(^^)/

この時期がくると寝苦しくて寝れない日も増えてきそうですが、、
質のいい睡眠がとれるように何かされてますか~?
今日から少し意識してみましょう\(^^)/

まずは、いい睡眠を妨げるものを除いていきましょう!

健康的な人の場合、入眠後2、3時間の間に深い眠りが数回訪れ、その後は段階1、2の浅い睡眠が続きます。

しかし、神経や肉体が興奮し過ぎていたり生体リズムが規則性を失っていたりすると、深い睡眠が得られなかったり、あまり長く持続しなかったりします(>_<)
このような要因が、睡眠の質を悪くするのです!

そのような豊かな眠りを妨げる要素を排除して、気持ちよく眠るためには以下のような心掛けが大切です。

◎生体リズムを崩さないために
・規則的に眠る
・不規則に仮眠しない

◎眠る前に心身を興奮させないために
・心理的にリラックスする
・音、光、温度などの刺激が少ない環境を整える
・眠る前にカフェインなどの刺激物を取らず、極端な空腹や満腹も避ける。適度なアルコールは入眠効果があるが、これも過ぎると逆効果になる


そして、、
睡眠の質は、その時間よりも深さで決まるといわれます。
睡眠の深さは普通4段階に分けられます。
このうち段階1、2は浅い眠り、3、4は深い眠りと分類され、1回の眠りの中でその深さは周期的に変化します。
眠りの総量は、この眠りの深さと時間の乗によって決まるといわれ、多少睡眠時間が短くても、眠りが深ければ「たっぷり眠った」ことになるのです。
一度の睡眠中に深い眠りが規則的に訪れるのが質のいい眠りなのです(^^)

まずはできることからやりたいですね♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございました\(^^)/

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2014年6月18日 水曜日

備えあれば憂なし⁈

こんにちは!
どまん前・グループ中野みのる鍼灸接骨院の柳川です(^^)

とうとう梅雨入りして、雨が降っている日が多いはずなのですが・・・まったく雨がふらないですね(^_^;)。しかし、雨が降らないと思っていて安心していると、雲行きがあやしくなって突然雨が降り出すことがあります。
そこで今回は、突然の雨が降った時に慌てないようにチェックしておきたいポイントについてご紹介させていただきます。

車は、雨が降っても足元が濡れることもなく、傘を持つ事もなく移動できる便利な乗り物ですが、雨の日の運転は視界が悪くなる為、晴れの日以上の危険予測が必要になります。

そのため、先ずは・・・
1)車を動かす前にワイパーの操作チェック!をおすすめします。
ベテランドライバーさんや、雨の日運転の経験が何度もある人には 「簡単な操作なのに」と笑われてしまいそうですが、運転が不慣れなペーパードライバーには、走行しながら雨量にあわせたワイパー速度を調節するだけの簡単な操作さえ、危険予測の為の注意力が散漫になる事があります。

2)フロントガラスが油膜でギラギラすると、視界が遮られ危険回避の判断が遅くなってしまいます。突然の雨でも慌てなくていいように、フロントガラスの油膜は定期的に除去しておきましょう。

3)車内の湿度が上がるとフロントガラスが曇ります(結露)
エアコンの気流をデフロスターにしたり、走行中に窓を少し開けて外気を車内に流しいれると曇りがとれます。
(※ 車内側のフロントガラスに埃や塵などが付着して汚れていると、エアコンをDEFにしても曇りがとれない事があります。定期的に拭いておきましょう)

次に、走行中の注意点として・・・
1)雨の日は制動距離(ブレーキを踏んでから車が完全停止するまでの距離)が長くなるのと同時に、視界が悪くなるため空走距離(ブレーキを踏む判断をしてから実際に踏むまでの時間に車が走行する距離)に至るまでの判断をする時間も長くなります。速度を抑えて、車間距離を晴天時より空けて走ります。急ブレーキはスリップの原因になりますので気をつけてください。

また、斜め前方を走る大型・中型のトラックが跳ね上げる雨水にも注意が必要です。
跳ね上がる水量が多いため、フロントガラスを直撃すると、何も見えなくなります。車間を空けるなどして回避してください。

2)ドライバーだけでなく歩行者も傘で視界が狭くなります。足元を見て歩いている事が多いので、近づいてくる車を認知していない可能性が大いにあります。
傘をさしている歩行者は、車を見ていない!と思っていた方がいいかもしれません。

3)自転車(軽車両)の人は、車両に乗っている自覚の足らない人が多く、ぬれた路面や鉄板の上でブレーキをかけた時の制動距離や横滑りを起こすことを想定していない場合も多くあるようです。
車に接近、またはぶつかってくる可能性もあります。自転車の方からぶつかってきた。としても車が完全に停止している状況以外では、自動車の方に重い過失が科せられますので、普段以上に注意が必要です。

特に急な雨の時などは、何かと急ぎがちになってしまう事もあるかと思いますが・・・歩行者の方も、お車を運転される方も、心に余裕をもった行動と準備を心がけていき、悲惨な交通事故の被害にあう方がいなくなるようにしていきましょう!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
次回のブログもお楽しみに(^-^)

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL