スタッフブログ

2013年12月30日 月曜日

良いお年を‼


こんにちは。
中野みのる鍼灸接骨院の井上です。


このところ横断歩道に設けられていた自転車専用レーンが消えているのに気付いた人も多いでしょう。12月1日から改正道路交通法が適用されている事をご存知ですか。6月改正・公布された内容によると、危険運転者対策などと共に、自転車を利用する人への規定の整備も含まれています。

そこでは自転車に関連して(1)講習、(2)検査、(3)通行の3点に関する規定が盛り込まれています。特に大きいのは(3)の通行に関する規定で、12月1日以降は「道路の左側部分に設けられた路側帯」を通行しなくてはいけません。

警視庁のホームページでは「自転車安全利用五則」として、以下の5つの点を注意喚起しています。

1,自転車は、車道が原則、歩道は例外
2,車道は左側を通行
3,歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4,安全ルールを守る
5,子供はヘルメットを着用

つまりこれまでも車道の左側を走るように喚起をしてはいたのですが、法的には左右どちらを通行することができました。しかし12月1日以降は「左側」と限定することで、明確に自転車を車両として取り扱うこととされました。これに違反すると、「3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金」が科されるのです。

『まさかそのくらいで』と思うかもしれませんが、法律となっている以上、違反者には罰則を適用されても文句は言えません。

また無灯火運転や傘さし運転も法律違反ですが、運用面において注意くらいで済まされていましたがこれらも厳しく対応されるかもしれませんね。自転車を利用する人は注意しましょう。


何かと出掛けることが多くなる年末年始、車や自転車を運転する際はもちろんの事、歩行時も十分気をつけてくださいね。

それでは良いお年を‼
次回のブログは年明けの1月6にアップされます。お楽しみに〜

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2013年12月27日 金曜日

解放運動・・・

中野みのる鍼灸接骨院の河口です。

最近、寒いですね!!
我が家は特に寒いんです!!

寒いと布団から出られないんですよねぇ~……ボク…
目覚まし時計は一生懸命働いてくれますが、
 なかなか身を結ばないのが現実です…

頭まで布団を被ってないと冷たい風が入ってくるし、
 裸足でリビングを歩くと…凍えます!


そんな時には、身体中に力が入るんです。


そのため、この季節は身体が縮こまるし、
  頸肩周りの不調が出やすい時期なんです!

そこで今回は、頸肩周りの不調からくる
 『頭痛』について説明したいと思います。


では問題です!


細い首に支えられている頭ですが、
 この頭はどれくらいの重さがあるでしょうか?



答えは… 約5㎏です!


想像できますか?
ボーリングのボールだと…11ポンド、
500ml入りのペットボトルだと…10本分の重さになります!


『頭痛』には『群発頭痛』や『片頭痛』などがありますが、
 日常的に繰り返される頭痛の約70%を占めるとも言われているのが、
 今回説明させて頂く『緊張型頭痛』です。

これは、首や肩周辺の筋肉が緊張して血流が低下することにより、
 頭全体の圧迫感や後頭部の痛みが出現します。


そのため、5㎏の重りを支えながら仕事をされるデスクワークの人を中心に、
 毎日のように頭痛に悩まされるケースも少なくないんです。

その他の原因として
 ・心配事や緊張を強いられる出来事など、精神的なストレス
 ・デスクワークなど、同じ姿勢が毎日続く仕事環境
 ・運動不足傾向で、肩甲骨を動かすような体操も特に行っていない場合
 ・目を酷使するようなパソコン作業
 ・クセになっている睡眠中の歯ぎしりやくいしばり
 ・手先の細かい作業など、手・指に集中した仕事


これらにより頭部や腕を支える筋肉が疲労したり、頚椎の関節の動きが
 悪くなったりといった機能が低下し、結果的に緊張型頭痛を起こす
 首・肩周辺の問題が出現してしまいます。

これが長期間続くと、その姿勢が持続してしまうんです!
その姿勢とは…
 ・耳が前に出る
 ・肩が後ろにさがる
 ・お腹が前に出る
 ・骨盤が前に出てお尻が下がる
 ・股関節が前に出る

いわゆる猫背状態です。
この状態になっていると重心を上手く(効率よく)保つことができにくくなり、
 首や肩、足腰に過剰な緊張が強いられるようになります。

たかが『首肩痛』、されど『頸肩痛』です!
そのために、これらの負荷から頸肩を解放してあげましょう!


導入のお話が長くなってしまいましたので、
 『回避方法』は 次回のブログでお伝えさせて頂きます。

“自分の姿勢って大丈夫?”“なんか歪んだ感じがするんだけど…”などと
 疑問・不安が浮かんだ際には、一度中野みのるへご相談下さい。

知る限りの知識を総動員して、原因究明に当たらせて頂きます。
分からない場合には、一生懸命調べます!!


寒さに負けずに冬を乗り切りましょう!
心も身体もリフレッシュして、毎日を笑顔で過ごすお手伝いをさせて頂きます。


本日も最後までお読み頂きありがとうございました。㊥

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2013年12月25日 水曜日

メリークリスマス‼︎

こんにちは(^-^)/
中野みのる鍼灸接骨院の堀江です。

いよいよクリスマスですね‼︎

あちらこちらにイルミネーションに目を奪われていませんか?
今の時期は特に、脇見運転に注意です‼︎

更に、交通量がお正月休みにかけて増えてきますし、運転に不慣れな方が増えてきます。
気持ちと時間に余裕を持って運転したいものですね。

もし、交通事故に遭われてしまったら、中野みのる鍼灸接骨院にご相談下さい‼︎


今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

次回もお楽しみに!!

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2013年12月19日 木曜日

もうすぐ冬休みですね!

こんにちは(*≧∪≦)
中野みのる鍼灸接骨院の林です!


ここ最近,ますます寒くなってきましたね(>_<)
朝,布団から出たくない季節がやって来ましたが,皆さんいかがお過ごしでしょうか?


世間では今週で学校も終わり,冬休みがそろそろ始まる頃ですね!
家族やお友達と何処かへお出かけしたり帰省する方も多いのではないでしょうか?


出歩いたり,運転をする際には十分注意しましょう!

子どもの交通人身事故で多いのは,

○ 道路横断中
○ 自宅付近
○ 夕方の時間帯
○ 自転車の事故

自転車では,交差点での安全確認が不十分なことや一時停止しなかったことが原因になっています。また,歩行中では飛び出しが原因になることが多くなっています。


右折や左折をする車,信号の変わり目で無理矢理交差点に進入してくる車,横断中の歩行者に気がついていない車などがあるかもしれません。必ず,右左の安全確認をして,車が止まっているか,運転手が自分に気がついているかなどを確認してから渡りましょう。


そして,車を運転する際もいつどこで子どもが飛び出してくるかわからないので,もしかしたらここから飛び出して来るかもしれない!と注意をしながら運転しましょう!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました♪

明日のブログもお楽しみにヽ('∀'*)ノ

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2013年12月18日 水曜日

間違った冷え対策していませんか⁇

こんにちは。
中野みのる鍼灸接骨院の井上です。

寒い日々が続いていますが、みなさんしっかり冷え性対策をしていますか? 中野みのる鍼灸接骨院と併設の美容サロンVeritaでは12月からゲルマニウム温浴のキャンペーンを行っています。ゲルマニウム温浴は冷え対策としても効果が期待できます。

しっかり体をあたためる努力をすれば、必ず冷えは解消できます。

しかし間違った方法を続けていると、冷え解消への道は遠のいてしまいます。今回は、間違った冷え解消方法を確認してみましょう。



■1:寝るときも靴下を履いている

寝るときも靴下を履いている冷え性さんは要注意。足は寝ている間も汗をかきやすいパーツ。汗をかいても靴下であたたかい状態をキープしていると、逆に冷やすように体がはたらきます。寝るときは足首までレッグウォーマーなどであたためつつ、足先は出すようにしましょう。



■2:首を冷やしている

意外と忘れがちなのが、首をあたためること。首、足首、手首をあたためるのは、冷え対策の基本です。鎖骨からバストにかけて、触るとひんやりしている方は危険。家の中でもネックウォーマーなどで首を冷やさないようにしましょう。



■3:カイロを背中に貼っている

背中よりも、仙骨にカイロを貼った方が体全体があたたまります。仙骨とは、尾てい骨の上あたり。腰回りだけでなく、上半身も手足もぽかぽかになります。背中に貼ると、背中に汗をかきがち。靴下と同様に、汗をかくと体が冷えてしまうので要注意です。



■4:半身浴をしている

半身浴自体は悪くありません。でも半身浴をする際、上半身が裸のままはNG。寒くて風邪をひいてしまいます。半身浴をするなら、上にロングTシャツなどを着て行いましょう。



■5:食べ物に気をつかっていない

外からあたためることばかり考えていませんか? 口にするものにも気をつけることが、冷え解消への近道。体をあたためる根菜を積極的に摂り、トマトやナスなどの夏野菜、白砂糖は避けましょう。白砂糖の代わりにてんさい糖を使うのがおすすめです

また、冷たい飲み物も避けるべき。忘年会シーズンですがビールなどはカラダを冷やしてしまいますのでほどほどに。例えばホットレモンがおすすめ。ミランダ・カーもやっている美容習慣ですよ。



冷え性から抜け出すために、上記のポイントを見直してぽかぽかボディを手に入れましょう。


本日も最後までお読み頂きありがとうございます‼

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL