スタッフブログ

2013年5月31日 金曜日

ちょっとしたトレーニングを!

こんにちは(*^^*)
中野みのる鍼灸接骨院の林です!

天気がスッキリしないこの頃ですが,皆さん体調は崩されていないでしょうか?

そんな日でも院内は元気いっぱいですよ!


ここ最近のお昼休みには昼食を取る前にスタッフみんなでトレーニングをしています♪

目的は様々です。

・健康のために…
・マッチョになるために…
・スポーツのために…
・夏のために…
・美しい姿勢を保つために…

皆さんは普段,トレーニングはされてますか?


良い姿勢を保つためにはある程度筋力が必要です。

ただ,ガッツリやるものだけがトレーニングではありません!

実は日常生活の中でのちょっとしたことがトレーニングになるのです!


例えば…
・普段車で行く所を歩いて行く。
・エスカレーターではなく階段を使用する。
・洗い物をしながらスクワットをしてみる。
・ちょっとした待ち時間に片足立ちをしてみる。
・テレビを観ながらちょっとだけ腹筋してみる。
・信号の待ち時間につま先立ちをしてみる。

などなど…

もちろん姿勢を良くするだけでもいろんな筋肉が働きます!

皆さんも是非!
日常生活の中でちょっとしたトレーニングを続け鍛えていき,少しずつ美しい姿勢を保てるようにしていきましょう!


しかし,これだけは注意してください!
痛みがあるのに無理矢理トレーニングしたり,頑張り過ぎは禁物です!

痛みのない範囲で無理なく程々に行いましょう!



本日も最後までお読みいただきありがとうございました☆

次回のブログもお楽しみに\(^o^)/

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2013年5月29日 水曜日

雨の日の運転にご注意を!

こんにちは。
中野みのる鍼灸接骨院スタッフの柳川です。

九州や四国地方はもうすでに梅雨入りし雨が降る日が多くなっておりますが、名古屋も今日は一日中雨になるそうです。そのため名古屋も梅雨入りするのはもうすぐになるのではないかと思います。

雨の日は薄暗くて視界が悪かったり、路面が滑りやすかったりと、雨の降っていない時と比べると車の運転をする際の危険度はかなり高まります。
さらに、乗り降りの際に身体が濡れてしまうなどどうしても運転環境が悪くなってしまいます。

雨天時の事故のなかでも、とくに雨や路面の湿潤が関係して発生した事故についてみますと、「スリップによる事故」「見えないことによる事故」の2つに大別されるそうです。
そこで雨の日の運転のポイントをいくつかあげたいと思います。

・速度オーバーはスリップの原因となります。
※ゆとりのもった運転を。
・追い越し・車線変更を避ける。
※急加速、急発進はスリップの原因になります。
・雨の日の夜間は特に視界が悪くなりますので歩行者の見落としに注意。
・雨の日は積極的にライトを点灯。
※他車や歩行者などから発見されやすい、前車がバックミラーで自車を容易に確認できるなどのメリットがあります。

雨の日に事故を起こさないためには、「スリップしない運転」「見えないことをカバーする運転」を心がけて、悲惨な交通事故を起こさないようにしていきましょう。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2013年5月27日 月曜日

夏、、、、の前に

こんにちは。週末に人生初のキス釣りに行き海男の階段を一歩上ったが日焼けのひどい小林です(T_T)v

皆さん、、この暑さのせいで今はまだ夏ではないということをお忘れではないでしょうか?

実はまだ梅雨にもなっていませんね!!

梅雨は体がダルくなったり疲れやすかったり、メンタル的にも弱ってしまうというような事がよく起こりがちです!

そんな中、外を見て晴れたなー、という日があればなるべく日の当たる外に出掛けましょう!
太陽の光にあたるのは、体内時計を整え睡眠の質を良くする効果もあります!そして憂鬱になりがちな気分をリセットする事もできます!
また冷房環境の増加で体は冷えています。汗をかくということも非常に大切ですので外に行くことの他にお風呂のお湯につかることも大事にしてみてください!

日焼けには注意してくださいねm(__)m笑

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!
明日は美容ブログです!
お楽しみに(^-^)/

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2013年5月24日 金曜日

知っていて損はない‼

こんにちは。

中野みのる鍼灸接骨院の井上です。
連日夏の様な熱さが続いておりますが、皆様体調を崩されたりしておられませんでしょうか?
こまめに水分補給をすると、熱中症や脱水症状の防止になりますよ。

これから、海や川など行楽の行き帰りでの事故も増えてきます。交通事故に合わない事が1番ですが、事故にあってしまった場合色々な処理が必要になってきます。そんな中から、損害の種類について簡単にお伝えしていきますね。


①積極損害(事故により出費を余儀なくされた実費分の損害)
●治療費関係
●付添看護費
●通院交通費
●入院雑費
●弁護士費用
●その他


②消極損害(将来得られるはずが、事故により失ってしまった収入分の損害)
●休業損害


③慰謝料(肉体的・精神的苦痛に対する損害)
●傷害慰謝料


大雑把に列挙するとこの様なものがあります。また、後遺障害事故や死亡事故の場合はさらに請求出来る損害が増えます。

事故に会わない事が1番ですが、知っていて損をする事ではないので、これからも少しずつお伝えしていきますね。


本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL

2013年5月22日 水曜日

何気ないことが・・・

中野みのる鍼灸接骨院の河口です。

少しずつ暑さがきつくなってきましたが、皆さん大丈夫ですか?
こんなときは、避暑地へ避難したくなりますね!

でもそんな時に限って、“足が痛い”“腰が辛い”となっては、
避難したところで何の喜びもありません。

そうなる前に、早めの準備をしたいと思います。


その中で今回は、“膝関節”について説明させて頂きたいと思います。

この膝関節は、お皿と言われる“膝蓋骨”、太ももの骨の“大腿骨”と
弁慶の泣き所の骨“脛骨”の3個の骨で作られています。

この骨達は骨同士の結びつきが弱い為、周りをスジと言われる“靭帯”や
“筋肉”でしっかり支えられています。

そのため、靭帯や筋肉に大きな負荷が加わると調子を崩してしまいやすいのです。

例えば…
①正座
②重いものを持つ
③立ち座り動作
④階段の昇り降り
⑤歩き始め
などです。


もともと不安定な作りの膝関節は、正座のように深く曲げられてしまうと、
伸ばすのに大きな負荷が加わってしまいます。

このような日常の小さな負担の積み重ねを少しずつ減らして、
筋肉を働きやすい状態にしておきましょう!


ここで問題です!
お医者さんやテレビで、『お膝が痛い方は体重を減らして下さい!』といわれることが
よくあると思います。これは、体重が増えると膝にかかる負担が増えるからです。

では、体重が1kg増えると膝関節にかかる負担はどれくらい増えるのでしょうか!



答えは…
平地での歩行は約3倍、階段昇降では約5倍といわれます。

たった1㎏でも、関節にかかる負担は…


このような状況なので、お膝をかばうために身体のバランスを崩した状態で
長期間過ごされると、 多くのところに不調が出現してしまいます。
(特に下肢の影響は大きくなりがちです。)


今、御自信の立った姿を鏡で見てください。
耳の穴

肩 先

骨 盤



外くるぶし
が一直線になっていますか?


なっていない場合は、どこかが大きく負荷を受けているサインかもしれません。

気になられた際は、一度ご相談いただければと思います。


中野みのる鍼灸接骨院では皆様のお体を整えることは元より、
 痛みが出る状況を未然に防ぐお手伝いをさせて頂きたいと思います。


今後も時々、皆様のお身体の仕組みについてご連絡させていただければと思います。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。㊥

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院 | 記事URL