スタッフブログ

2015年3月19日 木曜日

自然の力もスゴイんです。

こんにちは。
中野みのるグループ の井上です。


スギ花粉の飛散がピークを向かえ、花粉症の人にとっては大変な時期ですね。今年は飛散量が多いとされ、もしかして花粉症になったのかな? という人もいると思います。私も認めたくはありませんが、どうやら花粉症のようです…

今は花粉症によく効く薬もあるようですね。
でも、症状を抑えるために毎日薬を飲み続けるのは不安……という方、ご注目下さい! 私たちが普段飲んでいるお茶やハーブティーの中には、アレルギーケアに効果的とされるものが、いくつもあるんです。

そこで今回はアレルギーケアに効果的なお茶の数々についてご紹介してみますね。



■1:ウーロン茶

ウーロン茶には“ポリフェノール”という抗酸化作用の高い成分が、緑茶や紅茶よりも、はるかにたくさんふくまれています。ということは、アレルギーの治療にも、効果的ということなんです。



■2:緑茶

緑茶にはポリフェノールのほかにも、カテキンが多くふくまれており、このカテキンにも高い抗酸化作用があります。

ほかにも緑茶には、抗ヒスタミン効果、ダイエット効果、がんの予防の効果もあるとされています。



■3:昆布茶

昔なつかしい昆布茶にも、アレルギー治療に有効な成分が、たくさんふくまれています。昆布茶は、アミノ酸の代謝を高める効果があり、それによって免疫力を高めます。

また、ビタミンも豊富で、からだの中から毒素を外に出してくれる解毒作用にもすぐれています。



■4:ローズヒップティー

ローズヒップは、よくハーブティーのブレンドに入っていますが、ナチュラルな抗ヒスタミン成分が豊富にふくまれています。

しかも抗炎症性の作用もあり、アレルギー症状にはとても効果的とされています。



■5:カモミールティー

心を落ちつかせる効果で有名なカモミールですが、じつはカモミールにも抗ヒスタミン作用があるのです。しかもからだをあたため、抗酸化性の効果もあるので、アレルギー症状にはよいとされています。



■6:リコリスティー

よく、のど飴の成分にふくまれているリコリスですが、そのものズバリ、抗アレルギー効果の高いハーブです。しかも抗炎症効果もありますから、のどの痛みやセキには効果的なわけですね。



以上、アレルギーケアに有効なお茶の数々をご紹介してみました。

前半では日本でなじみ深いお茶を、後半では西洋で長いこと薬として使われてきているハーブのうちとくにアレルギー治療に効果のあるものをご紹介いたしました。

たしかに症状を抑えるという点で薬はよく効きますが、とくにお子さんには副作用が心配ですよね? ぜひ今回の記事を参考にして、ぜひナチュラルなアレルギーケアを試してみてください。

薬ほど強い効果はありませんが、安全性を考えれば、十分に価値がある対策と言えるでしょう。



昔から利用されている自然の力を活用してみるのもいいですね。



本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院