スタッフブログ

2015年1月27日 火曜日

今すぐ確認!!

どまん前グループの河口です。

今週も寒くなりそうなので、防寒対策を万全にして下さいね。

この季節になると、いつも思い出すことが・・・

私の祖母は寒がりのため、靴下を 3枚重ねで履いていました。
ある時廊下で滑ってしまい、そのまま転倒。
なんと!!大腿骨を折ってしまいました・・・。

『踏ん張りがきかなかった』とか『靴下を履きすぎて足裏の感覚が鈍かった』 などと
 本人は言っていました。

その通り!だと思います。
先人の経験を生かすためにも、
 今回は『足裏』についてお話ししたいと思います。


皆さんは足の裏に『土踏まず』があるのはご存知ですよね?
これを別の言い方をすると『アーチ』と言います。
大まかに分けると、アーチは 3つあるのをご存知でしたか??


1.親指の付け根から踵を結ぶ『内側縦アーチ』【=土踏まず】
2.小指の付け根から踵を結ぶ『外側縦アーチ』
3.親指の付け根と小指の付け根を結ぶ『横アーチ』
                        です。

しかし、アーチってそんなに必要なんでしょうか?
あっても無くても大きな影響はなさそうですよね!?

と思った、あなた! 大間違いなんです!!


歩くときは、足の裏には足が地面に着地する際に地面から衝き上げられる衝撃を
 緩和・吸収する作用と、地面を蹴って効率よく前に進む作用の 2つを求められます。

この働きをスムーズにおこなうためには、足の裏にある『足底筋膜』が
 重要な働きをし、この足底筋膜が作用することによりアーチが維持・確保されています。

この足底筋膜に大きな負荷が加わる状態、例えば・・・ ・
 ・一日中の立ち仕事
 ・急激な体重増加
 ・不自然な足の使い方
 ・ハイヒールを履く
            などです。

これらのように、足の裏の足底筋膜に過剰な負荷を加えることにより、
 体重分散が悪くなったり、理想の歩行が妨げられたりします。

その結果、アーチが確保できなくなって
 膝や腰に痛みを生じさせることになってしまいます。


たかが足裏ですが、されど足裏です。
今すぐ自分・家族の『足裏』を確認して見ませんか?

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。㊥

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院