スタッフブログ

2014年12月12日 金曜日

恒例行事の前に・・・

どまん前グループの河口です。

後3週間でも今年も終わりですね!
めっきり寒くなって来ましたので、体調にはお気をつけください。

年末と言えば・・・

『帰省』ですよね?!

今年は特に寒いので、雪が降るかもしれませんね?
そんなときの運転は、特に注意が必要です!

今回は、冬道の安全運転について御連絡させていただきます。


冬道は路面が雪や氷に覆われやすいため、『滑りやすい』『みにくい』
 『轍ができる』『道路が狭くなる』などの危険ポイントが生じ、
 スリップ事故や 視界不良による事故が多く発生します。


そんな道を安全に走行するためには・・・

1.ソフトブレーキで車輪をロックさせない。
  車輪をロックさせない『ソフトブレーキ』が重要です!
  路面や周囲の状況をしっかり把握して、早めのブレーキを心がける。


2.スリップしたときはアクセルを戻す。
  横滑りや尻振りスリップが発生した場合は、アクセルを戻しましょう。
  ブレーキを踏むのは注意です!


3.カーブでは『スロー・イン』。
  カーブの手前で確実に原則して進入する『スロー・イン』が重要です。
  中央線や路面の標識が見えなくなっているので、対向車線へのはみ出し
  には十分気を付けましょう。 ※カーブでのブレーキは禁物です!!


4.坂道ではエンジンブレーキ主体で。
  下り坂の手前で十分に減速し、走行中はエンジンブレーキ主体、
  フットブレーキは強く踏むとスリップするので、補助的に使用する。


5.十分な車間距離を保つ。
  事故を回避するためには、十分な車間距離を保つようにして下さい。


ヒヤリ・ハットを防ぐためにも、『たら・れば』運転を心がけ、
“終わり良ければ全てよし!”で今年も締めくくりましょう!!

“備えあれば憂いなし!”ですが、不慮の出来事あった場合には、
 警察・救急車と一緒にどまん前に御連絡いただければと思います。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。㊥

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院