スタッフブログ

2014年11月28日 金曜日

行楽期の交通事故防止

こんにちは。
中野みのるグループ の井上です。
秋の行楽シーン真っ盛りですね。山々色き、食物も美味しい季節す。 また、スーツの秋ということ、いろいろな大会やイントに自動車出かける方も 多いのはないしょうか。そんな中、ちょっとした油断や不注意、交通事故を起こ さないよう、次のことに注意して安全運転を心けましょう。

1 無理のない計画を立てる

計画を立てるときには、事前に地図やインターネットな 行き先まの交通状況等を十分に調ておきましょう。また、 交通渋滞に巻き込まれることも予測して、日程に無理のない余 裕ある計画を立てましょう。

2 シートルト・チャイルシートを忘れに

車に乗ったら、必シートルト着用を習慣けましょう。シートルトは、万一の 事故の際、あなたの命を守ってくれます。また、6歳未満のお子さんには、体に合った チャイルシートを正しく取り付け、必使用してくさい。

3 夕暮れ時はとても危険な時間帯

秋から冬にかけては、日暮れ早くなり、周囲の景色見えにくくなります。事故防 止のため、自転車も自動車も早めにライトを点灯しましょう。また、行楽帰りの疲れも 出やすい時間帯す。車の運転中に疲れを感たら、早めに休憩しましょう。

4 重大事故の原因は前方不注意・スーの出し過

夜間の死亡事故の原因は、前方不注意とスーの出し過多くなっています。ま た、夜は周り見えにくくなり視界狭くなるため、速度の感覚鈍りちす。ス ーメーター速度をよく確認し、安全な速度運転しましょう。

5 歩行者、自転車は自分の存在をアールすること

夕方、夜間は、ライーから歩行者や自転車見えにくくなる時間帯す。自転車 のライトは早めに必点けましょう。歩行者も、自分の存在をしっかりアールするた め、夜光反射材を身につけたり、明るい服装外出しましょう。

6 事故防止の基本は「安全運転」

交通ルールやマナーを守ることは勿論のこと、決して無理をせ、焦ら、心と体に 「ゆとり」をもって安全運転を心掛けましょう。



食欲の秋、行楽の秋を満喫する為にも交通事故には十分気をつけましょう。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

明日のブログもお楽しみに〜‼


投稿者 中野みのる鍼灸接骨院