スタッフブログ

2014年11月 4日 火曜日

紅葉狩り(^^)

こんにちは(^^)/
中野みのるグループの柳川です!!

ここ最近、急激に寒くなってきましたが体調は崩されていらっしゃらないですか?ニュースでは、愛知県でインフルエンザのために学級閉鎖になった学校が既にあるとききます・・・。
風邪やインフルエンザの予防のためにも、外から帰ったら先ず手洗い・うがいをして下さいね。

さて、話は変わりますが・・・これだけ冷えてきますと、楽しみになってくるのが秋の紅葉ではないでしょうか?しかし有名な紅葉スポットですと、ビックリするくらい渋滞していることがあります(>_<)
渋滞に陥ると運転者はイライラし、無謀運転や割込みといった攻撃的な運転をしがちになりやすいです。それは周囲で運転しているドライバーも同じです。こうした状況では事故が起こりやすいことは容易に想像できます。だからこそ、運転をする際には一層の注意が必要となってきます。

そこで今回は、渋滞時の注意点を紹介させていただきます!
《裏道を使わない》
裏道は車歩道の区分がない所が多く、歩行者や自転車が道路の中央に出てきたり、駐車車両の陰から歩行者や自転車が飛び出してくるなど、危険要因がたくさんあります。渋滞しているからといって、安易に裏道を通らないようにしましょう。

《渋滞を抜けたときこそ慎重に》
渋滞を抜けたときには、これまでの遅れを取り戻そうと、必要以上にスピードを出して運転しがちです。スピードを出すことで、事故の危険は大きくなるだけでなく、事故の被害も大きくなります。渋滞を抜けたときこそ、慎重な運転を心がけてください。

《車間距離をとる》
渋滞では、脇見や漫然運転での追突事故の危険が高くなります。こうした事故を防ぐには、前車が急ブレーキをかけても対応できるよう十分な車間距離をとることです。また、2~3台前の車の動きもチェックしておきましょう。

《早めの休憩と給油を忘れずに》
渋滞に巻き込まれると車が思うように進まないため、トイレ等の問題が出てきます。また、ガス欠で止まってしまった場合は、渋滞は一層ひどくなり、周りにも迷惑をかけることになります。渋滞が発生しているときや予想されるときは、無理をせず早めの休憩と給油をしましょう。

美しい紅葉を楽しむ為にも、心に余裕を持って十分な車間距離をとり、交通量が増えてきても前車との車間を詰めすぎないようにスピードを抑えて運転するように心がけてみて下さい(^_-)
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!!

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院