スタッフブログ

2014年9月 6日 土曜日

座りっぱなしはカラダに危険‼

こんにちは。
どまん前・グループ の井上です。

今日は夏の様な暑さの名古屋です‼
こうも天候の変化があるとカラダがついていかないですねー。

今日は仕事で座っている事が多くカラダに不調をきたしている方が、当院にも非常に多く来院されていますのでなぜ何もしていないのにカラダに不調をきたしてしまうのかをお伝えしますね。

 長時間座ったままの状態でいると、体に色々な弊害が生じてきます。最近の研究では座っている時間が長いほど寿命が短くなるという報告もなされているようです。

 長時間座っていることでエネルギーの総消費量が少なくなり、体重増加や肥満になりやすいのはもちろんのこと、足の筋肉を動かさないことで、様々なホルモンの分泌に悪影響を及ぼしてしまいます。コレステロール、中性脂肪、さらには心臓にまで悪い結果をもたらしてしまうということです。

 それだけではないんです。さらには骨格や筋肉、内臓などに負担をかけ、深刻な腰痛、肩こりの原因ともなってしまったり、また脂肪も落ちにくくなってしまうんです。姿勢を正すことで、身体にかかる負担が少なくなり、内臓の働きもスムーズになります。また、背すじを伸ばすことで、全身に適度な緊張感がいきわたり、ゆるんだ筋肉を引き締めることができるんです。

 対処法として、こまめに席を立つことが望ましいとされていますが、一度固まってしまった姿勢を戻すことはなかなか大変です。そんな時は当院での骨盤矯正や美骨矯正でカラダのバランスを整えてみるのはいかがですか⁇

社会人はなかなかカラダを動かす機会が少ないですが、積極的にカラダを動かして代謝を促すように心がけましょう。


本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

月曜のブログもお楽しみに〜‼


投稿者 中野みのる鍼灸接骨院