スタッフブログ

2014年6月16日 月曜日

「熱中症」の季節到来‼

こんにちは。
どまん前・グループ 中野みのる鍼灸接骨院の井上です。

梅雨入りしたのにも関わらず梅雨らしくない天気が続いている今日この頃ですが、この時期から気をつけたいのが熱中症。

梅雨時は雨が降っているから熱中症にはならないだろう…と考える人も多いと思いますが、真夏と同じくらい注意しなければなりません。


熱中症の意外な“落とし穴”

 人間の脳は暑さを感じると、自然と血管を広げたり、汗を出したりして体温を下げようとします。血管が広がりたくさんの血液が流れることで、皮膚から熱が放出されます。また、汗は蒸発するときに気化熱として体の熱を奪い、体温を下げてくれます。しかし、気温が高いときは体の熱が放出されにくく、また湿度が高いと汗が蒸発しません。体温が下がらないため、体は大量の汗を出そうとします。こうして水分が不足すると、血液の流れが悪くなってますます熱がこもり、さまざまな症状があらわれます。

 熱中症の主な症状は、めまいがしたり、だるさを感じたり、重い例ではけいれんや意識障害を引き起こすこともあります。悪化すると自力では動けなくなるため、早めの処置が重要です。とくに梅雨時は、体が暑さに慣れていないことから、体温の調節がうまくできない人も少なくありません。体調の異変を感じたときは、早めに涼しい場所に移動する、水分を補給する、首の後ろなど太い血管があるところを冷やす、といった対処が有効です。症状が重いときは、医療機関を受診したり、救急車を呼んだりすることも必要です。


室内、料理中、炎天下の車……

 梅雨が明けると気温がさらに上がり、熱中症にかかる人が増加します。熱中症の予防策としては、外出時はなるべく日陰を歩くようにし、帽子や日傘で直射日光から身を守ることが大切です。

 外出時だけではなく、室内での熱中症も増えています。室内で熱中症になった人の多くは、エアコンを設置しているのに使っていなかったというデータがあります。節電意識は大事にしたいものですが、暑さが厳しいときは無理をせずエアコンや扇風機を使いましょう。

 意外と危険なのは、料理などで火を使っているときです。室温が上がるのはもちろん、湯をわかしたときなどに出る水蒸気で高温多湿状態になってしまうからです。

 また、炎天下に停められた車に乗り込むときも危険が潜んでいます。昨年の夏には、車内で熱中症になった高齢の運転者が死亡事故を起こしています。異常に車内の温度が高くなっているときは、換気をするなど温度を下げてから運転しましょう。

毎年の様に熱中症に関するニュースが報道されたり、情報も沢山あふれていますのでもう聞き飽きたと思う方も多いと思います。まさか自分がなんて油断せずにしっかりと対策をして、今年の夏も元気に乗り切りましょう‼


本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

明日のブログもお楽しみに〜‼


投稿者 中野みのる鍼灸接骨院