スタッフブログ

2014年5月30日 金曜日

急激な天候の変化に要注意!

こんにちは!
どまん前・グループ中野みのる鍼灸接骨院の柳川です(^^)

日々、日差しが暑くなってきて、気分は早いですが夏の訪れがだんだんと近づいてきているのかなと感じる今日この頃です(^_^;)
ただ、本格的な夏を迎える前に注意していきたいのが、これからの時期に増えてくる雨(梅雨入り)です!ここ数年、天気がいいと思っていても急に雨が降ってきたりなど、天候の急激な変化が多いように感じられます。

そこで今回は、少し早いですが、雨の日における注意点をご紹介させていただければと思います・・・
 
『雨の降り始めには危険な行動をとることがある』
雨が降りだしても車の中にいるドライバーは濡れる心配はありませんが、歩行者はそうではありません。特に傘を持っていない歩行者は濡れるのを避けるため、早く目的地へ行こうとしたり、適当な場所で雨宿りしようと先を急ぎます。その結果、車に対する注意が欠けて、十分な安全確認をせずに道路を横断したり、赤信号で交差点を渡ってくることがあります。雨の降り始めは、歩行者の動きによく目を配りましょう。

『周囲に対する注意が欠けやすい』
雨天時は車だけでなく、傘をさしている歩行者の視界も悪くなります。また、水たまりなど路面を気にして歩くこともあって、周囲に対する注意力が欠け、車の接近に気づくのが遅れることがありますから、歩行者に接近するときは十分速度を落としましょう。

『歩道から車道にでてくるコトがある』
狭い歩道では、傘をさしている歩行者同士のすれ違いが 窮屈になり、互いの傘が接触したり、傘のしずくが相手に かかってしまうことがあります。ときにはそれがトラブル の原因になるケースもあるため、歩道でのすれ違いを避けようとして、歩行者が歩道から車道に出てくることがあり ますから、歩道の歩行者の動きにも注意しましょう。


特に急な雨の時などは、何かと急ぎがちになってしまう事もあるかと思いますが・・・歩行者の方も、お車を運転される方も、心に余裕をもった行動と準備を心がけていき、悲惨な交通事故の被害にあう方がいなくなるようにしていきましょう!
特に今日は、「30日」で交通事故「0」の日になります!



本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
次回のブログもお楽しみに(^-^)

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院