スタッフブログ

2014年4月 9日 水曜日

先手必勝で乗り切る!?

どまん前グループの河口です。

新生活は如何ですか? ドタバタしてしまうとは思いますが、
  一呼吸おいてからゆっくり行動したいものですね!

僕はドンくさいので、特に注意です!!(笑)


4月も2週目になって、だんだん暖かくなってきましたね!
この時期は、『朝の起床や食後が凄く眠たくて……すんなり動けません!』

こんな時は特に注意しないと、失敗や怪我をする可能性が…。


で、今回はここで問題です!

諺『春眠暁を覚えず』にもあるように、この季節は
 気候が良いのが要因で眠くなってしまう。 ○か×か?



答えは…×です!

気候の要因が大きいのですが、それ以外にも
  身体の変化によって発生する部分もあるようです!


1.気温が暖かくなると、汗をかきやすくなりますよね!?
 身体の中で作られた熱を外に出すために、皮膚表面の毛細血管に
 血液がたくさん流れるようになります。

そのため身体全体の血圧が低下し、脳への血流が減ります。
結果、脳の血流が減り、脳が酸素不足となって眠気が出てしまうのです。


2.また気温の差が激しくなると、自律神経が乱れてバランス調整が
 うまくできなくなってしまうことがあるそうです。(最近の天候ですよね…)

本来昼に働くべき交感神経が働かず、ダルさや疲労感、
 ねむけといった 症状として出現してくるのです。


3.暖かくなると身体の各部分が活発に動き始めます! ということは、
 エネルギーが必要になりますよね?

このエネルギーを作るときにビタミンB群がたくさん必要となります。
その中の1つ、脳も膨大なエネルギー消費器官なので、ここがエネルギー
  不足になることにより、ねむけを招くのです!


つまり、『暖かいからしょうがない!』で片付けるのではく、
 要因がわかっているなら対策すればよいのです。


1.はストレスや同姿勢(前傾姿勢)をとり続けると、呼吸筋が働きにくく
  なってしまうので、身体の筋に疲れを溜めないようしましょう!


2.は気温の変化に対応できる服装の選択をしましょう! 私もめんどくさがり
 なので、ついつい上着を羽織って 暑い思いをしたことが何度と無く…


3.ビタミンはレバーやマメ類に多く含まれます! バランスの良い食事が、
 疲労回復にも大きな効果を生むんですね!? ちなみに、『ビオチン』という
 ビタミンを取ると、健康な皮膚や髪を 維持してくれるそうですよ!


あと脳のエネルギーは“糖分”なので、頭の回転がうまくいかない時は、
  甘い物を摂るのも一つ手かもしれません。


身体の姿勢だけでなく、生活・健康に対する姿勢も見直して、 新生活を
 心身ともに春仕様に変えていきましょう!

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。㊥


投稿者 中野みのる鍼灸接骨院