スタッフブログ

2014年3月13日 木曜日

歪みを正して健康に!

こんにちは!
どまん前・グループ、本郷どまん前・接骨院の小松です\(^^)/

花粉も飛んできて、体調を崩されてしまっている方を多く見かけます(^^;
そうなると姿勢が崩れてきてしまうんですよね(>_<)

姿勢が崩れてしまうとどうなるか、、
ご存知の方も多いと思いますがおさらいしてみましょう!

まず最初に、、
体の歪みは1日では治りません(°Д°)!
トレーニングやマッサージをしながら、
さらに日常生活で気をつけることによって、歪みを矯正&予防することになります。


今、こんな症状感じていないですか?
●視力が低下する
●肩こり、腰痛などがなかなか治らない
●原因不明の頭痛が続く
●歯の噛み合わせが悪い
●疲れやすい
●胃腸の調子が悪い
●なかなか寝つけない

姿勢が崩れてきてしまうとこのような症状がでてきます。

このような症状がでてきたとき、
皆さんはどうしてますか?
我慢しますか?
我慢も限界がありますよね(>_<)
ほかっておいたらさらにひどくなってしまいますよね。

ツライところをほぐすのも大事だと思いますが、
根本的なところをしっかりとっていくのも大事になります!

体の歪みを正して不調をとっていくには、体の土台となる骨盤が重要になります!
骨盤は、上体を支えているだけでなく、股関節とつながっており、日常動作で最も強い負担がかかる部分です。
この骨盤に歪みができると、それが脊柱に影響し、姿勢が崩れてきます。
また、子宮筋腫や卵巣のう腫、不妊症などの婦人科疾患の発症原因のひとつにもなり、特に出産についても大きな影響を与えます。

女性に見られがちなベタ座りは骨盤変形を起こしやすく、さらに股関節の角度が左右不均衡になってくる。このようなベタ座りや横座り、足を組むなど、歪みの原因になるような姿勢はやめましょう。


歪みを矯正&予防するために、、
●正座する時は足の甲を組まず、並べて座る
●横座り(両足を左右どちらかにずらして座る)をしない
●あぐらを組む時は、組み方を一定にせず、どちらの足でも組むようにする
●歩く時は、両足先をまっすぐ前方に向けて歩く
●誰かと歩く場合には、同じほうにばかり立たない
●かばんを持ったり、肩からかける時には、両方の手・肩で交互に持つこと
●リュックサックを背負う時には、猫背にならないようにする
●ゴルフの素振りをする時には、逆スイングもしてみる。クラブは持たなくてもOK。
他のスポーツの場合も、左右両方で行うようにする


いくつか
あ!Σ( ̄□ ̄;)っていうものなかったですか?(笑)
私も皆さんのお手本になるように今日から気を付けます!

また何か質問があればいつでも聞いてくださいね~!


本日も最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)


投稿者 中野みのる鍼灸接骨院