スタッフブログ

2014年2月25日 火曜日

熱と圧に弱いヤツ?

どまん前・グループの河口です。

患者様とお話をさせて頂いていいたら、
“朝晩が寒くて、寝ている間も身体に力が入っている感じがする”とお話いただき、
別の方は
“最近、風がないと日差しが暖かいですね”と話いただきました。

患者様おひとりお一人に感じ方や気になるポイントが異なりますので、
 雪解けが来るまで、もう少し気長に待ちたいものですね!


ここで恒例の問題です!


気候が暖かくなると“身体が良く動く”といわれますが、
これは、筋肉への血流が増加することが要因である。 ○か×か?



答えは、×です!…本当は△くらいです。(笑)


先ほどお話いただいた患者様のように、寒い時期の緊張がほぐれて
 身体が疲労感が低下したことも大きな要因のひとつです!

しかし、今回皆様に新しくご理解頂きたい“筋膜”の影響も侮れません。


では、その“筋膜”って??


皆様の身体は筋肉だけでなく、骨・腱・靭帯・内臓器官・血管・神経などの
 あらゆるものが“筋膜”で包まれています。

“筋膜”は身体のなかのものを適正な場所にしまうように支えている組織で、
 張りのあるコラーゲン線維と柔軟性に富んだ弾性線維が合わさったものでできています。

また“筋膜”は可塑性に富んでいます。
可塑性とは、物体に力を加えて形を変えることすなわち歪みを作ったとき,
 力を取り除いても変形がそのままになってしまう性質です。

そのため、“ケガ”“緊張”“ストレス”などによって“筋膜”が短くなったり、
 硬くなったり、他の“筋膜”と癒着したりなどして形が変わると、フォルムを
 崩すだけでなく、リンパや血液の流れが悪く なり老廃 物を蓄積する要因にも
 なってしまいます。

さらに筋膜は全身タイツのような構造で体中覆っているため、
 癒着・変形した筋膜はその部位だけにとどまらず身体全体の構造にも
 影響を与えてしまうことがあるのです。

なので、美容のテクニックで全身調整を行っただけなのに、
  お顔が小さくなったり、頬や顎のラインがシャープなったりするんです!(驚)


皆さんご経験ありませんか?腰が痛くなった後に首が痛くなったご経験…。
これも腰部の痛みにより筋膜の短縮や癒着が起こり、
 それによって首の動きが制限され、二次的に首に障害を起こすことも
 あるというわけなんです。


でも心配御無用!!


どまん前・グループでは、筋膜の不調も考慮した施術を心得ております。
施術中によく聞きませんか?こんな言葉…

“肩甲骨を正しい位置に戻しますね!”とか“身体のねじれを戻しますね!!”って。


ちなみに、タンパク質で出来た“筋膜”は、熱と圧を加えると柔軟性が回復するんですよ!


暖かくなってきますので、身体の筋膜を溶かして、身体を動かしてみませんか?
楽しい新年度を迎える準備しましょう!!


本日も最後までお読み頂きありがとうございました。㊥

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院