スタッフブログ

2014年2月14日 金曜日

オーダーメイドかも・・・

どまん前・グループの河口です。

今日は朝から大変ですね!!
フィギュアスケートの男子が好発進ですし、外を眺めたら白銀の世界…。

ゆっくりと寝ていられませんね?!

今日・明日とかなり天候が崩れるそうなので、
深夜の応援も良いですが、体調にもご注意下さい。


今日は、足元に注意してお出かけやご帰宅下さい。
いつも以上に下を向く機会が増えると思います。


また、寒い時期の深夜応援は、身体に堪えますね。
テレビを見ているだけでも身体が辛くなることありませんか?
今日の夜は特にそうなるかもしれませんね!!


そんな状況を打開する為にも、今回はついついしてしまう
 “猫背” について説明させて頂きます。


恒例の問題です!


根本的な問題です“猫背”は身体にとって楽である。 ○か×か?




答えは、×です!


すごく当たり前のことをいいます。手は肩から横についています。
そして、肩甲骨が動くことで腕の根元から前後に動くようになっています。

ところが、私たちの生活で必要な動作は腕を前にして使うことが多いですよね?
 ・書き物をする
 ・パソコンや携帯電話を操作する
 ・本を読む
 ・手作業をする
             このような動作は、猫背のほうが楽なのです。


しかし、猫背を長く続けると慢性的な頚部痛、
 腰痛、頭痛の原因となることがあります。

これは背中、腰の筋肉は引っ張られ、
 胸やお腹の筋肉が短くなることによって起こります。

また、背骨には椎間板があり、猫背を続けると、
 長い時間をかけて圧迫されて衝撃を吸収しづらくなる、
 という弊害があります。

というわけで、座位・立位関係なく体に負担が少ない姿勢が良いですよね?


負担の少ない姿勢のポイントを2つ説明させて頂きます。

①骨盤 ・猫背では骨盤が後に倒れていたり、
 反り腰では骨盤が前に倒れていたりします。
・そうではなく、骨盤が前にも後にも大きく傾いていない場所
 “ニュートラル”な位置を とる様にしてみましょう!

②肩甲骨 ・猫背ではボールを抱えているように
 背中が丸くなって胸が後ろに下がっていますし、
  反り腰では胸が張り背中の筋肉が収縮します。
・肩甲骨にも胸を張りすぎたり、丸くなり過ぎていない
 丁度いい“ニュートラル”な 肩甲骨の位置を探してみましょう!


こんなことを少し意識しながら、日常生活を送ってみてください。
少しずつではありますが、自分にあった綺麗で楽な姿勢が発見できると思います。


正直、綺麗な姿勢が楽かというとそうでもありません…。
やはり正しい姿勢は体に負担が少なく見た目に綺麗ですが、
 ずっと同じ姿勢では疲労します。

時々、体操をして血液のめぐりをあげることは必要になります。


今回は“猫背”脱却のお話でしたが、ここから遠ざかる為の
 ストレッチなどを皆様にお伝えできたらと思いますので、
 次回はストレッチの話をさせて頂きますね。


でも…どまん前グループに足を運んでいただいている方は、実は…
続きはまた次回で!!

姿勢や動きに関する素朴な疑問などがございましたら、お気軽にご相談下さい。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。㊥

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院