スタッフブログ

2014年1月 7日 火曜日

七草粥

あけましておめでとうございます(*^_^*)
中野みのる鍼灸接骨院スタッフの柳川です。

皆さん、お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?
ちなみに僕は、新年早々よく食べよく動いたお正月でした・・・。

今日1月7日は「人日の節句」とも言われ、正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、不足しがちなビタミンを補う「七草粥」を食べる習慣がある日です。

「人日の節句」とは、「端午の節句」・「桃の節句」等と並ぶ
「五節句」の一つです。人日とは文字通り 『人の日』です。

古代中国では、人の日である7日は人に刑罰を与えず、7種類の若菜を入れた粥を食べて、
無病息災や立身出世を願う風習がありました。
日本にも、7種類の穀物(米、アワ、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、アズキ)が入ったお粥を食べ、その年の五穀豊穣を祈るという農民行事がありました。
また、年のはじめに若菜を摘む「若草摘み」という日本古来の風習もあり、これらが結びついて平安時代「七草粥」となったと言われています。
さらに、江戸時代に「人日の節供」(七草の節供)として五節供のひとつに定められ、定着していきました。

実は、七草粥が定着した背景には、お正月も関係しています。
7日は松の内(一般的に1月1日~1月7日)の最後の日にあたるので、正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわったり、青菜で不足しがちな冬場の栄養補給をしたりと、この日に七草粥を食べることで、新年の無病息災を祈ります。


最近ではインターネットでも、様々な七草粥のレシピが掲載されていますので、一度見てみてはいかがでしょうか?

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。


投稿者 中野みのる鍼灸接骨院