スタッフブログ

2013年12月27日 金曜日

解放運動・・・

中野みのる鍼灸接骨院の河口です。

最近、寒いですね!!
我が家は特に寒いんです!!

寒いと布団から出られないんですよねぇ~……ボク…
目覚まし時計は一生懸命働いてくれますが、
 なかなか身を結ばないのが現実です…

頭まで布団を被ってないと冷たい風が入ってくるし、
 裸足でリビングを歩くと…凍えます!


そんな時には、身体中に力が入るんです。


そのため、この季節は身体が縮こまるし、
  頸肩周りの不調が出やすい時期なんです!

そこで今回は、頸肩周りの不調からくる
 『頭痛』について説明したいと思います。


では問題です!


細い首に支えられている頭ですが、
 この頭はどれくらいの重さがあるでしょうか?



答えは… 約5㎏です!


想像できますか?
ボーリングのボールだと…11ポンド、
500ml入りのペットボトルだと…10本分の重さになります!


『頭痛』には『群発頭痛』や『片頭痛』などがありますが、
 日常的に繰り返される頭痛の約70%を占めるとも言われているのが、
 今回説明させて頂く『緊張型頭痛』です。

これは、首や肩周辺の筋肉が緊張して血流が低下することにより、
 頭全体の圧迫感や後頭部の痛みが出現します。


そのため、5㎏の重りを支えながら仕事をされるデスクワークの人を中心に、
 毎日のように頭痛に悩まされるケースも少なくないんです。

その他の原因として
 ・心配事や緊張を強いられる出来事など、精神的なストレス
 ・デスクワークなど、同じ姿勢が毎日続く仕事環境
 ・運動不足傾向で、肩甲骨を動かすような体操も特に行っていない場合
 ・目を酷使するようなパソコン作業
 ・クセになっている睡眠中の歯ぎしりやくいしばり
 ・手先の細かい作業など、手・指に集中した仕事


これらにより頭部や腕を支える筋肉が疲労したり、頚椎の関節の動きが
 悪くなったりといった機能が低下し、結果的に緊張型頭痛を起こす
 首・肩周辺の問題が出現してしまいます。

これが長期間続くと、その姿勢が持続してしまうんです!
その姿勢とは…
 ・耳が前に出る
 ・肩が後ろにさがる
 ・お腹が前に出る
 ・骨盤が前に出てお尻が下がる
 ・股関節が前に出る

いわゆる猫背状態です。
この状態になっていると重心を上手く(効率よく)保つことができにくくなり、
 首や肩、足腰に過剰な緊張が強いられるようになります。

たかが『首肩痛』、されど『頸肩痛』です!
そのために、これらの負荷から頸肩を解放してあげましょう!


導入のお話が長くなってしまいましたので、
 『回避方法』は 次回のブログでお伝えさせて頂きます。

“自分の姿勢って大丈夫?”“なんか歪んだ感じがするんだけど…”などと
 疑問・不安が浮かんだ際には、一度中野みのるへご相談下さい。

知る限りの知識を総動員して、原因究明に当たらせて頂きます。
分からない場合には、一生懸命調べます!!


寒さに負けずに冬を乗り切りましょう!
心も身体もリフレッシュして、毎日を笑顔で過ごすお手伝いをさせて頂きます。


本日も最後までお読み頂きありがとうございました。㊥

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院