みのる日記

2013年8月22日 木曜日

名古屋の鍼灸接骨院で交通事故の治療を行なう

交通事故は大きく分けると2種類あり、物損事故と人身事故があります。
物損事故は他人との接触がなく、電柱やガードレール等にぶつかる事故で、
この事故ではむち打ちなどの怪我をしてしまう事があります。

それに対して人身事故は車同士の衝突や歩行者との接触になりますが、
何れにしても怪我をしてしまう可能性は少なくありません。
いかなる事故でもドライバーや同乗者は社内に頭をぶつけたりするなどと、
怪我をしてしまう可能性は少なくありません。
主に首を痛めてしまったり、身体をぶつけたりしてしまう事がありますが、
外傷ではない内面的な痛みを感じるのであれば名古屋の鍼灸接骨院を
利用すると良いでしょう。

鍼灸とは文字通り「鍼」という治療用の針、そして「灸」を利用しての
治療になります。それらで身体に刺激を与えて治療を行なったり、
健康的促進を行なったりする事が目的になります。
交通事故でありがちな毛がとしては「むち打ち」が挙げられますが、
首に損傷している可能性が高いのでしっかりと早めに治療を行なう事が大切になります。
あまり放置しておくと深刻な「後遺症」を引き起こしてしまう可能性があります。
交通事故を起こして怪我をしてしまった方は当院にご相談ください。

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31