みのる日記

2013年7月31日 水曜日

名古屋市の鍼灸接骨院で鍼灸治療を受けようとお考えの方へ

鍼灸(しんきゅう)とは、「はり」や「おきゅう」による
中国から伝わった日本古来の漢方医学です。
経穴(つぼ)と呼ばれる体の特定箇所に金属の細い鍼(はり)を刺し、
またはモグサを燃やしてつぼを刺激することで病気を治癒させる施術です。

鍼(はり)による治療は、
初めての方には「体に針を刺すのだから痛いのでは?」という
ご不安もあるようですが、ご安心ください。

痛みを感じる部位を「痛点」といいますが、
鍼灸で使う針はその痛点よりも細いので、
痛みを脳に伝える神経を避けて刺すことができます。
ですから、ほとんど無痛で施術を行えるのです。

鍼を刺す方の技術の差や、患者さんの精神状態などで
あるとは思いますが、鍼を身体に刺すことで
痛いと感じる率は、顎で1%、腰で3%、肘や膝で2%、
手の指先で20%ぐらいです。

施術時間は患者さまの症状によって、
手法がそれぞれ違うので一概には決められません。

はりきゅうはこんな方におすすめです。

・慢性症状の肩こりの方
・むち打ちのひどい方
・腰痛の方
・生理痛のひどい方
・膝の痛みが多い方
・冷え症の方
・自立神経が乱れている方

国家資格を持った鍼灸師が施術を行います。
慢性症状の肩こりの方、むち打ちのひどい方、
腰痛の方、生理痛のひどい方等は、
ぜひ一度当院にご相談ください。

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31