スタッフブログ

2013年7月17日 水曜日

もうすぐ夏休み!!!



こんにちは!!
中野みのる鍼灸接骨院の椙本です。

このあいだの三連休はみなさん有意義にお過ごしでしたか?

そろそろ夏休みが始まりますね。
家族やお友達と旅行など計画されている方が当然多くいらっしゃると思います。

その際、渋滞にはまってしまうなんてことも少なくはないのではないでしょうか。

ということで今日は渋滞に巻き込まれた際の危険要因と注意点についてお話します!!!

まず運転者の危険要因は
・急ぎの心理による焦り
・急な割り込みなどの危険な運転
・脇見運転
・漫然運転

そして運転パートナーの危険要因は
・前車の急ブレーキ
・車線変更して割り込んでくる車
・脇を通りすぎていく二輪車
・渋滞車両の間からの歩行者の飛び出し

代表的な危険要因として、以上のことが挙げられます。

それに伴いみなさんに注意していただきたいことは…

・渋滞を抜けたときほど慎重に
渋滞を抜けたとき、これまでの遅れを取り戻そうと必要以上にスピードを出して運転しがちです。
そうすれば当然事故が起こる可能性は高くなります。

・車間距離をとる
渋滞では脇見や漫然運転での追突事故が起こりやすくなるため、車間距離をしっかりとあけ、前車が急ブレーキをしても対応できるようにしておきましょう。

・渋滞の情報を積極的に収集
ラジオやカーナビなどで渋滞の情報をしっかり収集しておき、出来る限り渋滞に巻き込まれないような環境を作りましょう。

・早めの休憩と給油を忘れずに
渋滞に巻き込まれると車が思うように進まないため、お手洗いなどの問題が出てきます。
また、ガス欠で止まってしまった場合、渋滞はより一層ひどくなり、周りにも迷惑をかけてしまいます。
渋滞が発生したり、予想されるときは、早めの休憩と給油を行いましょう。

みなさんに楽しく有意義なお休みを過ごしていただく為に、
渋滞に巻き込まれてしまった際は、是非心がけてみてください!!!!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。



投稿者 中野みのる鍼灸接骨院