みのる日記

2013年5月22日 水曜日

ぎっくり腰、ヘルニア、肩こりなどの日常の痛み

こんにちは、中野みのる鍼灸接骨院です。
今回は症状別に対策を練ってみたいと思います。

まず日常生活でかなり多いのが、急性の腰の捻挫と言われるぎっくり腰です。
だいたい疲労の蓄積などがあるところへ変な体制をとったせいでいきなりデビューしてしまう事が多いのです。
本当につらい痛みがともなうので3日間は動かず絶対安静となります。
多少痛みが落ち着いたところで、当院にいらしてください。
骨盤と背中の歪みを整えることから始め、その後腰の施術に入らせていただきます。

またこれの延長上にあるのが椎間板ヘルニアです。
背骨と背骨の間が詰まってしまうため、押されて痛みが発生するのでかなり辛いですし、慢性化しがちです。
こちらも当院でじっくり見させていただき、定期的に通院していただくと良いです。

もう少しポピュラーなところで、慢性的に肩こりでお悩みの方は多いと思います。
痛みがひどい時はマッサージすればいいかなど気軽に考えるのはちょっと待ってください。
ひょっとしたら脊椎の歪みや上半身の骨にゆがみがあるかもしれません。
頭痛持ちの方はこの可能性もありますので、一度当院へお越しください。
まずは原因から突き止めていきましょう。

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31