スタッフブログ

2013年3月30日 土曜日

春休みですね‼

こんにちは!
中野みのる鍼灸接骨院の柳川です。

お子様も春休み入られ、桜が満開なこの時季、お花見に行かれたり外に遊びに行く機会も
増える事かとおもいます。

そこで!お父さん・お母さんへ!!
歩行中の子供の事故のうち、約3割が保護者と同伴中に発生しています。
つまり、保護者の方が気をつけていただければ、防ぐことができるはずです。

また、お子さんに教えてください。
1道路への飛び出しはダメ
・左右の安全確認することなく道路に飛び出してはいけません。
*道路を渡るときは、必ず一旦止まって左右の安全確認をしましょう。
*道路の向こう側で友達が呼んでいても、急には飛びだしてはいけません。
*遊んでいたボールを追って、道路に飛び出してはいけません。
*横断歩道や陸橋・歩道橋を渡りましょう。

2車の直前・直後の横断はダメ
道路を横断するとき、通行車両や駐車車両などの直前・直後を横断してはいけません。
*駐車車両のかげになって、走行車両から見えません。
*車が通り過ぎたからと、すぐに横断を始めてはいけません。その後ろからも車が来ています。

3道路で遊んではダメ
道路で遊ぶのは大変危険ですので絶対にやめましょう。
*交通量が少ない場所であっても、いつ車が通るかわかりません。
*自宅の前であっても、道路は大変危険な場所ですので、絶対に遊ばないでください。

お子さんだけではなく、大人の私たちも気をつけ
残りの春休み、悲惨な交通事故を起こさないように気をつけて
いきましょう。

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院