スタッフブログ

2013年1月30日 水曜日

姿勢は大丈夫ですか(・・?)

こんにちは(^^)
中野みのる鍼灸接骨院の柳川です。

暦のうえでは、一年でもっとも寒い時期である大寒をむかえておりますが、皆様は風邪などを引かれて体調を崩されたりはしてないでしょうか?
免疫が弱っていると風邪などを引きやすくなってしまいます。

この免疫力を弱くしてしまう原因のひとつに、
日頃のパソコン作業やお車の運転、勉強などで前かがみになって作業をすることからきてしまう姿勢の悪さに影響があると言われております。

特に背中や腰が曲がった姿勢が長く続いてしまいますと、
・血液やリンパの循環を悪くする
・内臓を圧迫してしまう
・筋肉や骨・関節に疲労が溜まりやすくする
・胸が圧迫されるので、呼吸が浅くなる
といったように、気づかないうちに身体を疲れさせ、
神経を余計に働かせてしまい、自律神経のバランスを
乱してしまう要因となります。
この自律神経と免疫はお互いに密接に関連しあっておりますので、自律神経が乱れると免疫力も低下していってしまいます。

そのため、
1)背筋をのばして姿勢良く立つ(頭・肩・お尻・かかとが壁につくように立つと良い。)
2)おなかをへこませる
 (へその上側を意識してへこませると、おなか全体をへこますことができる)
ことを心がけるのが大切になってきます。
美しい姿勢で、免疫を高めて寒い冬を乗り切っていきましょう!!

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院