スタッフブログ

2012年12月 4日 火曜日

身体の中から健康にすること

超高齢社会を迎えて、生活習慣病や、ストレスによる精神的な不調、不安を訴える人が急増しています。
かつてない社会状況の中、医療においては、病気の治療はもちろんですが、それ以上に、病気の予防が重要視されるようになってきました。

また、病気ではなく、病人を診る医療が求められるようになってきました。
そうしたことから、伝統医療である鍼灸への関心が、これまで以上に高まっています。

東洋医学の一翼を担う鍼灸(しんきゅう)は、「未病を治す」という考え方に基づいて、古くから予防医学の重要性を唱えて、長い歴史の中で実践してきました。
こうした成果が評価され、現在、世界150ヶ所以上の国が、鍼灸医療を取り入れて、病気の予防や健康の維持、増進のサポートに用いています。

腰痛・肩こり・膝痛・首痛などの慢性疾患でお悩みの方は、一度鍼治療をお試しください。
痛みの根元となっている深部から治療することにより、身体の中から改善していきます。
保険治療で物足りない方や、どこの病院に行っても原因不明で治らない方にもおすすめです。

投稿者 中野みのる鍼灸接骨院